アラサー女子の南国移住ライフ

沖縄離島居住5年のアラサーが南国移住ライフ🏝とすきなものを気ままに紹介します。

【アメリカ旅行のススメ】ロサンゼルス&ラスベガスへの女子旅(①旅行事前準備)

こんにちは。

南国アラサー女子、Mimiです。

 

私、観光業に長年勤めております所以を書いてまいりました。

 

留学やホームステイなどで訪れていたので

なかなか「観光」メインで旅行をした経験はめちゃめちゃ多い訳ではないのですが

 

2017年11月に「Bruno Mars 24K World Tour」をきっかけに

ブルーノに会いに行くがために、

初めてのアメリカ本土旅行に行って来たんです。

 

 

 

ロサンザルス〜ラスベガスの8日間の旅をして来たのが、とっても充実しまして。

ぜひね、一部過激なところも(笑)ございますが

旅行会社に頼らず、すべて自分たちでネットで調べて

飛行機、ホテル、レンタカー、ショー、アクティビティ、国内線LCCなど手配しました。

 

なので、アメリカ行きのご旅行を考えている方の参考になればと思います。

 

では早速ですが。

 

この旅は、アラ還の島の親友。そしてアラサーの私の女子2名の旅でした。

途中親子に間違えられたりしましたが、私よりもずっと体力も酒も飲める大親友です。

 

私たち島のものにとっては電車よりも飛行機に乗る回数が圧倒的に多いので

マイルを貯めるのには常に力を注いでおります。

 

この旅も約4万マイルで、羽田ーロサンゼルスへのジャル往復チケットを勝ち取りました。

 

羽田発のアメリカ滞在、7泊8日の旅で、

ロサンゼルス(ハリウッド)に2泊3日、ラスベガス(ちょっと郊外)に3泊4日しました。

 

この旅は旅行会社に頼らず、すべて自分たちでネットで調べて

移動、ホテル、レンタカー、アクティビティなどを手配しましたので

ご紹介していきますね。

 

 

移動

ロサンゼルスはとっても広いので、効率的に移動したいと思い

怖いもの知らずの私はレンタカーを予約。

 

レンタカーは「OKレンタカー」さんにお世話になりました。

 

http://www.okrentacar.net

 

ロサンゼルスは国際免許無しで、日本免許だけで運転することが認められた地域です。

日本語で予約応対してくれたのでスムーズでした。

ロサンゼルスの空港まで迎えに来てくれて、近くの事務所までバスで移動。万が一の事故の際の対応もおしえてくれましたので安心でした。(これ大事)

 

が・・もちろん左ハンドルもはじめて。

ハイウェイもあんなに恐ろしいなんて知りませんでした。

 

はい、私は途中追突事故に会うんです。

 

こちらは停止していたのですが横見をしていたジェントルマンが後ろからコツン。と。

 

とりあえず私はレンタカー屋に教えてもらった指示通りに指定された保険会社に電話したり書類を書いてもらったり、相手がすごく紳士で助かりました。。

 

 

 

そしてロスからベガスまでの移動は、

 

・半日かけてベガスまでひたすらドライブ

もしくは

・飛行機で1時間

 

の選択肢がありましたが、

私たちは時間を短縮したかったので国内線の格安航空券LCCを使うことに。

 

黄色いロゴが目印の

Spirit Airlines
http://www.spirit.com

 

で片道5,000円ほどで移動しました。

 

これも予約はスカイスキャナーやエクスペディアなどの航空券比較サイトを

見まくって決めました。

 

ホテル

 

Booking.comやExpediaで気になるホテルのキャンペーンが出る日を狙って予約しました。(意外と40%オフとか、安くなりますよ。)

 

ロサンゼルスもラスベガスも泊まったホテルは、

少し街から離れたところで、かなり値段を抑えることができました。

 

ロサンゼルスでは・・

 

トリントン ホテル ハリウッド

(Trylon Hotel - Hollywood)

 

ハリウッドに位置するこのホテルは、観光地中心街からわずか2ブロックです。エアコンもwi-fiも完備されています。

 

 

 

グレードは★★くらいでしょうか。サービスはユースホステルのようなカジュアル感でしたが、お部屋は綺麗でしたし、ベットもアメリカサイズで大きく大満足でした。

とにかくアクセスが良くて、ハリウッドの中心街まで歩いてすぐでした。

また機会があれば利用したいです。

 

 

 

ラスベガスでは・・

 

クラブ ドゥ ソレイユ オール スイート リゾート(Club de Soleil All-Suite Resort)

 

名前の通り地中海スタイルのリゾートです。

美しいプールも併設しています。

 

少し郊外ですが、ラスベガスのストリップ(中心街)まで無料のシャトルが頻繁に行き来していて、私たちは本当にお世話になりました。

 

ベガスではほんっとに遊びまくりましたので

ほぼホテルにはいませんでした・・・

 

またバスタブが付いていて、疲れた体をゆっくり休めることができました!

 

空港にも近く、タクシーもフロントに頼み、すぐに呼ぶことができたので朝まで遊んで、早朝明ける前に帰路へと出発できました。

 

最後に

 

アクティビティ

 

私たちは、ブルーノに会いに行く、ライブに参加するための旅行だったので

まずはブルーノマーズのライブチケットをオンラインで手配。

これは、出発1年前には完了していました。

 

あとは、ラスベガス グランドキャニオンへのセスナ2時間の空中旅行を予約したり。

 

https://www.scenic.co.jp/sp/tour/grandcanyon/

 

これも事前に予約していたので朝はやくからお昼過ぎまで

効率的に遊ぶことができました。

 

ラスベガスでのシルクドソレイユのショーチケットは現地で調達したり。

(これは事前予約しておくべきだった。当日予約は席が本当に残ってない)

 

こんな感じです。

 

アメリカでの食事はあまり期待していなかったので徹底的に食費は削りました。

行き当たりばっかりでカップラーメン食べることもしばしば。

お肉文化が二人とも合わなかったので、食事の相性は大事ですね。

 

ぜひ参考になったら嬉しいです。

 

Mimi